お気楽人生!~株・ネット収入何でもいいから儲けちゃえ~
お気楽人生を夢みるつばさ。株・ネット収入でそれを実現しようと奮闘中! 自由気ままに生きるつばさの一生を綴る日記です。
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。 クリックしてくれると嬉しいです!
このところの堅調な相場は、ようやく個人投資家の参戦から新興市場がにぎわってきましたが、
外人も積極的な買い越し基調で相場の牽引役となっています。

実は、彼等が投資判断で好んで使う指標として「株主資本利益率」(ROE)があります。
この指標は、外国では、日本のそれよりは大切にされる「指標」なのです・・・。

ところで「企業は誰のもの」でしょうか?

多くの方は、普通「株主のもの」と答えるでしょう。
日本では最近でこそ「株主」の地位が強くなってきていますが、どちらかと言えば
「お金を出している人」より「企業で働いている人」
(多くは社員よりは取締役)の勢力が強いのが日本企業の特徴なのです。

実は、「ROE」は、株主資本(純資本)がどれだけの利益を生んだかを表す「指標」です。
この数値が大きい企業ほど、効率よく資本を活用していることをあらわしているのですが、
業績の悪い企業は、「ROE」が小さい企業がほとんどで、当然欠損を出している企業です。

外国企業では、株主の力が強い為「ROE」が高い企業の取締役が有能な経営者であり、
優良な企業という評価になります。

そのため、先ほど申し上げたように、日本よりは外国(特にアメリカ)の投資家は、
「ROE」を投資の重要な指標として考える傾向にあります。

東京市場が外国人投資家の積極的な買いによって牽引されている現況では、
外人の好む「ROE」を重視していくことは、貴方の投資効率の向上に役立つことになるわけです。

銘柄選択の基準に「ROE」も加えてみては如何でしょうか!


ブログランキングに参加しています。 クリックしてくれると嬉しいです!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsubasa3.blog7.fc2.com/tb.php/375-d7572c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
パソコンに自動で売買させて、悠悠自適の生活を夢見ている人へ捧げます。
2007/01/26(金) 00:52:22 | サンプルプログラム(ソース公開)付き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録