お気楽人生!~株・ネット収入何でもいいから儲けちゃえ~
お気楽人生を夢みるつばさ。株・ネット収入でそれを実現しようと奮闘中! 自由気ままに生きるつばさの一生を綴る日記です。
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。 クリックしてくれると嬉しいです!
短期売買といてもその運用の仕方によって、色々な種類があり、その売買時間の長短によって分類できます。

最近の株式市場は、インターネット取引が盛んになり、個人による短期売買は、手数料が大幅に安くなって、更に盛んになってきていますが、
反面、投資技術はとても難しくほんの一部のスーパートレイダー以外は
儲かっていないのが実情といえます。

それは、短期売買の種類によって、裏付けとなる情報ツールの比重が変わってくることもあり、何を自分の投資スタイルに合った情報ツールにするべきかの認識か間違っているからでしょう。

一般的に、1日で売買を成立させる売買手法を「デイトレイド」といいまが、その「デイトレ」のなかでも、数分でわずかな値幅を取る手法を「スカルピング」といい「デイトレイド」と並んで重要視しなければならない情報ツールは、何と言っても「板情報」です。

また、2日から数日で売買を成立させる手法で、「デイトレ」よりも多少長く、値幅も多くとりに行く売買手法を「短期スウィング・トレイド」といいます。

この方法は「テクニカル分析」を情報ツールとして使用した方が確実に儲かります。

そしてもう一つ、数週間を単位に売買する方法を「ポジション・トレイド」といいます。

この「ポジション・トレイド」は、「板情報」や「テクニカル分析」よりも「ファンダメンタルズ」に依存する比重が高くなります。

ただ、何れにしても「売買のタイミング」は重要で、「売買のタイミング」は「テクニカル分析」で測らなければなりません。

それぞれの売買手法は各情報ツールに比重をつけ、上手く使い分けることが大切です。

これらを念頭に、貴方も、短期売買を研究してみては如何ですか!


ブログランキングに参加しています。 クリックしてくれると嬉しいです!
コメント
この記事へのコメント
こんにちは^ー^

私の「投資倶楽部」サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://investbusiness.blog83.fc2.com/blog-entry-188.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/04/02(月) 22:20:42 | URL | 投資倶楽部 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsubasa3.blog7.fc2.com/tb.php/413-144d601b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録